文学・人文・歴史・社会

戦国 忍びの作法

山田雄司(監修)

A5 1,600 円

9784906993765

amazonで購入
立ち読み

現代でも多くの人に親しまれている忍者だが、基本的には尾ひれがついたものばかり。戦国時代のリアルな忍者は、丸型の手裏剣なんてほとんど打たないし、水の上を歩くこともできない。ただ、変幻自在に姿を変え、どこにでも忍び込み、主君から命じられた任務を確実に遂行。世の中を変えてしまうほどの大きなことを成し遂げたにもかかわらず、決して痕跡を残さない。忍者は当時の「情報産業」であり、そこには当時の最先端の「科学技術」が集約されている。本書は彼らが持っていた智恵や技をひとつひとつイラストを用いて紐解いていく。

日本のお寺・神社 絶壁建築めぐり

飯沼義弥

A5 1,600 円

9784906993727

amazonで購入
立ち読み

急峻な崖や山の斜面にへばりつくように建てられた寺院建築を、「懸(かけ)造り」、「懸崖(けんがい)造り」、もしくは「崖(がけ)造り」と言います。世界ではあまり見られない日本独特の建築様式のようで、全国には300ヶ所以上もの懸造りが存在しています。懸造りに魅了された著者が10年間で訪問した約170ヶ所の中から、厳選した100ヶ所を紹介。宗教史研究家の渋谷申博氏監修。

今をどう生きるか 古典絵画の読み解き方

四六 1,500 円

9784906993703

amazonで購入
立ち読み

美しい、そして著名な絵画にこそ、時代は変われど人が人たる所以に、いつの時代も変わらない必ず直面するであろう苦悩や喜び、心の暗部と支え、そして生と死、などが描かれています。本著は古典ともいわれるこれら絵画から、人類普遍の悩みや生きる価値などを捉え、翻って「現代の我々はどう生きたら良いのか」という問いに対する答えを読み解きます。

大江戸 武士の作法

小和田哲男(監修)

A5 1,600 円

9784906993659

amazonで購入
立ち読み

TVドラマや歴史小説では出てこない江戸期の下級武士達。彼らはどのような給金体系になっていたのか? 登城は何時で、どのくらい働いていたのか? そしてその仕事の種類は? 嫌な上司とはどうやって折り合いをつけていたのか?  等々、彼らの普段の生活を中心に解説します。大好評「戦国 戦の作法」の第2弾として、今回も軽妙な文章とイラストでその驚愕の事実を明らかにしています。監修も前回に引き続き、NHK大河ドラマ等でおなじみの小和田哲男先生です。

聖地鉄道めぐり

渋谷申博

A5 1,600 円

978-4-906993-58-1

amazonで購入
立ち読み

本書では、都市と寺社とを結ぶ参詣のための路線を「聖地鉄道」と呼ぶ。寺社の参詣を目的に敷設された路線はもとより、参詣者輸送が大きな収入源となっていた路線、結果として沿線の寺社の影響を受けた路線など、その成り立ちはさまざまだ。沿線の寺社をはじめ、門前の見どころや地元の味を堪能できるグルメスポット、土地の信仰や歴史にまつわる史跡などもめぐりながら、ユニークかつ情緒あふれる全国の「聖地鉄道」を、豊富なカラービジュアル&路線マップとともに紹介する。

戦国 戦の作法

小和田哲男(監修)

A5 1,500 円

978-4-906993-57-4

amazonで購入
立ち読み

映画や大河ドラマの題材になるなど、戦国時代は今でも根強い人気を博している。その人気を後押ししているのが、信長や秀吉といった戦国ヒーローたちだが、本書で大きく取り上げているのは、彼らを下支えした足軽や農民たち。戦いに駆り出された下々の者は、どんな風に召集され、どんな武器で戦いに臨み、どんな食べ物を食べて戦場を駆け抜けたのか!? 歴史学者であり、時代考証の第一人者・小和田哲男の監修の元、リアルな戦国時代を完全イラスト化してお届けする。

戦國の山めぐり

萩原さちこ

A5 1,600 円

978-4-906993-55-0

amazonで購入
立ち読み

信玄が築いた山城、謙信が開いた軍道、信長が越えた峠――。かつて戦国武将たちが戦った決戦の山や、経験と頭脳を駆使して築いた難攻不落の山城、そして山上に築かれた砦や陣の跡をめぐり、戦国の歴史と武将たちの足跡を訪ねます。選定基準は、合戦の痕跡や城郭遺構などを通して歴史探訪ができること、そして山歩きが楽しめること。所在地マップや公共交通機関・車・徒歩による詳細なアクセスデータも収録した“戦国の旅"の必携ガイドです。戦国の合戦に思いを馳せる山歩きに、さあ、あなたも出かけましょう。

ライトアップ 夜の神社・お寺めぐり

A5 1,600 円

978-4-906993-52-9

amazonで購入
立ち読み

神社・お寺というと日中に足を運ぶことが多いと思いますが、美しい光が灯る夜に参拝ができる社寺があることはご存じでしょうか? 社殿や伽藍、鳥居や山門など歴史ある建物が明かりに照らされ、参拝者は光と祈りの世界へ誘われます。本書は、そんな情緒あふれる夜の参拝ができる、全国とっておきの69の古社名刹を紹介するガイド本です。オールカラー写真と、来歴・いわれを紹介することで、その魅力をたっぷりお伝えします。昼間とはまた違う顔を見せる、夜の参拝への道案内として使ってください。

神々だけに許された地 秘境神社めぐり

渋谷申博

1,600 円

978-4-906993-44-4

amazonで購入
立ち読み

“秘境神社"とは、神話の世界に通じるような場所、聖なるものへの畏れを思い出す場所です。 そして先ごろ秘境ともいわれる『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界文化遺産に登録されましたが、日本にはまだまだ秘境と言われる地にある神社がたくさんあります。 当書は、そのような秘境度満点の日本各地の神社110社以上を、その歴史を綴った文章と豊富な写真と共にオールカラーで紹介。 行きづらさ(秘境度)や、体力必要度などをアイコン表示し、アクセス方法等も詳細に網羅した本邦初のガイド書です。

1 / 3 結果 1 - 9 / 20