トピックス

新刊『HYGGEな子どもたち 自分を大切にする北欧の小さな幸せ習慣』を発売!

HYGGEな子どもたち

新刊『HYGGEな子どもたち 自分を大切にする北欧の小さな幸せ習慣』を8月12日に発売します。

本当の自分、好きですか?

自己肯定感が低く、ずっと何かと、誰かと競争して生きてきた著者に、北欧の人々が教えてくれた幸せ習慣―― それは、「ありのままの自分でいるのを許す」ことでした。
けれどもいったい、どうやって? そのヒントは、デンマーク語で「ほっとくつろげる心地よい時間や幸福感」のことを意味する「HYGGE(ヒュッゲ)」にありました。

誰かのことをもっと知ること。 誰かと一緒に笑って楽しい時間を過ごすこと。 耳が聞こえない人の気持ちがわかるのは、そういう人がいるからだって考えること。 散歩に出かけて波の音に耳を傾けて鳥の声を聞いて、そして木々の匂いを感じること。 週末にはピカピカになるまでありとあらゆる場所を掃除することetc――。

本書では、著者と発達障害の娘さんが変わるきっかけとなった出来事や言葉を通じて、北欧の人々のHYGGEな習慣を紹介していきます。

 

アマゾンでの購入はこちら>>

 

 

 

新刊『超リアル 恐竜サバイバル図鑑』を発売!

9784906993901.MAIN

子ども向け『超リアル』シリーズ、第2弾!

「約4000万年かけて体重が1000倍になったステゴサウルス」「プテラノドンやモササウルスは恐竜じゃない」など、子どもたちが興味をもちそうなタイトルで、恐竜たちのリアルな実態を読みやすい文章とイラストでわかりやすく解説しています。

また、「ティラノサウルスは足が遅かった」など、近年、続々と新事実が解明されつつある最新の研究内容も網羅。各ページの内容にはものしり度を示す☆を5段階で表示し、子どもたちの探求心をくすぐります。

監修は、国立科学博物館で開催された「恐竜博2019」で注目を浴びた、日本の恐竜研究史上最大の発見といわれる「むかわ竜」を中心となって発掘調査した恐竜学者の小林快次教授。

本文は総ルビ付き!  全編カラー&描き下ろしイラストで、豆知識やコラムも満載! 恐竜博士になりたいお子様はもちろん、恐竜に興味を持ち始めたお子様にもオススメの1冊です。

G.B. BOOK SHOPでの購入はこちら>>

アマゾンでの購入はこちら>>